忍者ブログ
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新CM
最新TB
バーコード
ブログ内検索
P R
ボルドーワイン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ボルドーワイン ブルジョワでいってみよう



Q3本2980円送料無料で買ったボルドーワイン。安物買いの銭失いという自業自得でしょうか?あけてみたら、色は小豆色、なんだか漬物のようなにおいがします。これは・・・こういうものなのでしょうか。
A劣化したワイン(つまり、ダメになったワイン)にまず間違いはないと思われます。おそらく、コルクの周りのフォイルは回しても回らず、フォイルやコルクのところからワインが漏れたような形跡も、ひょっとしたらあったのではないでしょうか。また、コルクは抜くときに簡単に抜けたでしょう?そしてコルクのまわり全体が濡れたようになっていませんでしたか?長い間高温にさらされた場合によく見られる欠陥ワインで、空気もボトルの中に流れ込み、ワイン自体が酸化したのでしょう、それが漬物のようなにおいです。シェリー酒をご存知でしたら、そのようなにおい、です。また、小豆色、というのも、ワインの劣化の証拠ともいえます。ワインが劣化したものによくみられる状態です。たしかにワインには色々なものがあることは事実ですが、そのワインは、小豆色をしていて、さらに、濁っていたのではないですか?だからそういう表現になられたことと思います。特売でも、良心的な店はそのようなものは売りません。ただ、市価や一般小売価格の半額以下だと、このような劣化商品である可能性は多いと思われます。(ぼくも、劣化の可能性を承知の上で、ある程度の高級ワインを、通常価格の半額で買ったことがあります。結果は、予想通り劣化したワインでした。)そして、高級ワインか日常用の安価なワインか、は、劣化とは何の関係もありません。どちらにも、欠陥や劣化のおこりうる可能性があります。あくまでも、そのワインを製造した作り手や、取扱っている業者(海外、国内とも)に責任のある場合が大部分です。今後の対策として、ひとつには、そこの店では今後一切買わないこと。そのような店は、通常の商品でも、保存状態が悪くて劣化している可能性もありますので。二つ目は、せいぜい一般小売価格の20~30%引きまでの商品を買われたほうがよいです。その場合に劣化や欠陥の可能性はないとはいえませんが、劣化ワインをつかまされる危険度は低いです。とにかく、大きく値引きしているところでは絶対に買わないことです。
Webサービス by Yahoo! JAPAN
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
私事ですが、もうすぐ結婚10周年のお祝いがありまして、
私事ですが、もうすぐ結婚10周年のお祝いがありまして、 記念に10年もの(2000年)のワインを買って飲もうと思ってます。 自分はワインは好きなものの知識はなく、 名前が有名なシ...

ボルドーのオー・メドック地区ブルジョワ級、「シャトー・シサック ...
毎度どーもです。静岡市葵区紺屋町の、 ワインバーボナペティ です。当店のグラス売りの赤ワインのラインナップが一部変りましたので、お知らせです。ボルド...

モロッコ ワインの格安通販
ベル・エポックの激安通販サイト
ボジョレーの格安通販



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
1986年 ボルドーワインのことなら  HOME  ボルドーワイン ブルジョワの情報最前線

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]